読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リハドクターKのたわごと

医学医療への雑感を書き記します

私が医者を目指した理由

くわばたりえというお笑い芸人が、『100%治せないと、病院が言ったらあかんちゃう?』とテレビで発言していた、と聞いてふと自分の昔のことを思い出したので書いてみようと思います。 私の生まれ故郷は群馬県太田市。太田市と聞いてピンと来るのは、よほど車…

『先生、母を1日でも長く生かしてください。』

『先生、母を1日でも長く生かしてください。』 と言う言葉。 多くの方は『なんて親思いの優しい子供だろう。』と思うでしょう。 意識がなく、栄養は鼻からチューブを入れて補給し、全身が拘縮して固まっている高齢の方。回復の見込みはほとんどない方に対し…

くわばたりえ発言に思う

5月8日のテレビ番組『好きか嫌いか言う時間』と言う番組で『くわばたりえ』と言うお笑い芸人?が発した言葉が炎上しているらしいです。 この時のテーマは『病院の言い分VS患者のクレーム』と言うものだったらしく、以下のようなやりとりがあったようです。 …

『マンション買いませんか?』⇨『買わねーよ。』

いまでも時々、こんな電話が病院にかかってきます。 受付のお姉さん『K先生、株式会社◯◯の✖️✖️さんという方から電話ですが、お繋ぎしましょうか?』 ◯◯なんて会社を知らない場合、たいてい例の件の電話だと思い、受付のお姉さんに、 『病気でしばらくでてこ…

認知症患者の転倒に思う

本日の朝日新聞デジタルの記事 『サ高住(サービス付き高齢者住宅)の事故、1年半で3000件超 半数以上、個室で発生』 サ高住は高齢者のための『住宅』であり、1日1回の安否確認と生活指導が義務づけられており、緊急通報システムがあれば、夜間の常駐職員が…

介護は配偶者や子供がしなければいけないものなの?

私は脳卒中や骨折、脊髄損傷などで後遺症を伴った患者さんを相手にしています。 元に近い状態に戻る方もいれば、なんらかの『障害』を残す方もいます。 そして『障害』がある方でも、『介護』が必要でない方もいれば、『介護』が必要となる方もいらっしゃい…

『ケア』の重要性

時々、意識状態が悪く、口からものを食べることができず、鼻から栄養を注入するための管が入っていて、おしっこが自分で出せなくて尿を出すための管が入っている患者さんをうけいれます。 自力では動けない 話すこともできない 食べることもできない 排泄も…

息子の病気

医者というのは因果な商売だと思う。 身内が病気になるとほとんどの場合、大丈夫だと思われる病気であっても、『最悪な場面』を考えてしまうものだ。 うちの息子、ゴールデンウィーク明けにある軽い病気で手術予定でした。その簡単な手術であってもいろいろ…

患者って友達?

4月も終盤となり、新人さんも職場に少しずつ慣れてきているようです。 私は仕事がら5箇所ほどの病院で働いているので、いろんな病院のフレッシュマンと関わります。 ここ数年、この時期になると強く感じることがあります。 私はリハビリテーション関係の仕事…

医療の『隙間』

先週の土曜日、4月15日。 西村元一先生と村上智彦先生の対談する会が豊洲の『マギーズ東京』で行われたので参加させていただきました。 この対談だけはどんなに忙しくても、どんなに予定が詰まっていても絶対に行かなくては、という思いでした。実際いく…

患者の気持ち

自分も病気をもっているため、医者であり患者でもあります。知り合いに医者がたくさんいるので、ことあるごとにいろいろアドバイスをいただいて、検査をしてもらったり薬をだしてもらったりしていて、その点で『患者』としては恵まれているかもしれません。 …

う◯ちの海を泳ぐ人

看護や介護をしていると『う◯ち』がらみのことがとても多いものです。 ある朝のこと、個室に入院していた認知症のおばあちゃんが、個室の中のトイレに入りました。 トイレに入ったのはいいものの、便器の中にう◯ちをせずに、トイレの床にう◯ちをしてしまいま…

頸髄損傷 最近の傾向

頸髄損傷とは、、、 『首の神経が切れて』と言うのはちょっと言い過ぎで、『首の神経が痛めつけられて』というのが適切かもしれません。 頭を強く打ったり、首が強い力でひねられたりすると首の骨が折れたりして、脳から繋がっている首の神経が圧迫されて痛…

『リハビリテーション』とは?⑤

『リハビリテーション』を行う上で、やはり『リハビリテーション』の専門の医者は必要と思います。 自分自身が『リハビリテーション医』なので、それを否定してしまうと、元も子もないのですが。 リハビリテーション医にとって何が一番必要なのか?とある先…

『リハビリテーション』とは?④

『リハビリテーション』ってやってもらうものなのでしょうか? よく病院とかで、患者と看護師の間でこんな会話が繰り広げられます。 患者 『看護師さん、車椅子でトイレまで連れてって下さい。』 看護師 『○○さんはもう歩いてトイレに行けるでしょ。一緒につ…

『リハビリテーション』とは?③

急性期病院で病状が落ち着いたものの、いろんな障害が残った場合、こう言われることが多いと思います。 『急性期での治療は終わりました。あとはリハビリ次第です。でもこの病院ではリハビリはできないので、リハビリできる病院に転院してください。』 この…

『リハビリテーション』とは?②

『リハビリテーション』の語源って知っていますか? ラテン語でre(再び)+habilis(適した)が語源で、『再び適した状態になること』とか『本来あるべき状態への回復』という意味です。 病気や怪我などで動けない、食べられない、話せない、いろいろな判断…

『リハビリテーション』とは?①

皆さんは『リハビリテーション』という言葉を聞いてどのような想像をしますか? 痛いながらも我慢して歩く練習をしたりすること? 動かない手を無理やり動かして拘縮させないようにすること? 体に電気や超音波を当てること? 言葉が話せない人に対して言葉…

『待てない』方々

今日の新聞でヤマト運輸が 『即日配送撤退も』 という記事が掲載されていました。 ネット通販が盛んになり、運送会社の取り扱い数が爆発的に増えています。amazonに至ってはamazon primeで即日配送サービスを行っていて、これによる負担は運送会社にはキツイ…

脳卒中後の職業復帰

脳卒中にかかると多かれ少なかれなんらかの後遺症を残します。ごくごく軽い手足の動かなさにとどまる方もいれば、ほぼ寝たきりまで。 ごくごく軽い後遺症であればほとんどの症例で日常生活や仕事に戻ることは可能ですが、寝たきりの方はほぼ日常生活や仕事に…

起業家、個人事業主ほど医療介護の備えは必要^_^

何度も書いていますが、私は脳梗塞や脳出血などの脳卒中後のリハビリテーションに関する仕事をしています。 患者さんの中で結構多いのは『自営』で仕事をしている方です。 『自営』と言っても羽振りのいい自営の方もいれば、カツカツでやっている方もいます…

体のメインテナンスはやはり必要だと思います^ ^

4月の初旬、勤務先で定期検診が義務付けられているため、本日ドッグに行ってきました。 いろんなコースがありますが、私は半日のコース。血液検査、レントゲン検査、エコー検査、視力や聴力検査、呼吸機能検査、そして胃の内視鏡検査などを行います。 1年1回…

ぐるぐる ぐるぐる グルコサミンは効果的なのか?

BSテレビをかけていると健康食品などの通信販売のCMをたくさんやってますね。 職業がらよくこんなことを聞かれます。 『グルコサミンとかコンドロイチンとかヒアルロン酸のサプリメントって効果的なんですか?』 そんな時はこう答えるようにしています。 『…

たかが転倒、されど転倒。転倒はおそろしい。

年齢を重ねると人は転びやすくなります。 以前からいわれていることですが、転倒して骨折したり、頭を強く打って重症になる高齢者は増えています。 今回は骨折に関して、少しお話ししたいと思います。 高齢者が転倒して骨折しやすい部位ってどこだかわかりま…

食べること、食べられることは素晴らしい②

昨日は『摂食嚥下障害』の大まかなことに関して書かせていただきました。 今回は『どのような基準で口から食べていただくか』に関して書こうかなと思います。 摂食嚥下障害に関しては3つのパターンがあるとお話ししました。 ①意識状態が悪くて、なかなか反応…

食べること、食べられることは素晴らしい①

病気やケガなどを機に食事がとれなくなる方がいらっしゃいます。 そのような状態を『摂食嚥下障害』と言います。 この摂食嚥下障害は大きく分けて3つのパターンに分かれます。 ① 意識状態が非常に悪くて、呼んでも刺激を与えても反応がないパターンで口も開…

wrist cutter

今日、あるお気に入りのピアニストがfacebookで自分のリストカットをアップしました。 美人でセクシーで 学歴は抜群で ピアノの腕前はすごくて 家はお金持ち これ以上何を求めるの?って感じの方なんですが、やはり心の闇はあり、誰かに構って欲しかったのか…

訪問マッサージ屋さんが考えていること

訪問マッサージ屋さんのメルマガをたまに読んでいますが、彼らの思考ってこうなのか、と新しい知見を得られて勉強になります。感心というより唖然としますけど。 まず彼らはこう考えているようです。まぁ、稼ぐのは勝手ですけど。 ただね。自費診療でやって…

『今まで病気一つしたことなくて、病院なんて行ったことないのに、、、』と言う高齢者は本当に健康なの?

私は脳卒中で半身不随になって歩けない、身の回りのことができなくなってしまった方を対象に仕事をしています。 最近では高齢者も増えてきて、寝たきりに近い方もいらっしゃいます。そのような方からよくこんな言葉を聞きます。 『わしは今まで病気一つした…

医療と金②

医療費って結構高いですよね。そう思う方は多いと思います。でも諸外国に比べると安いほうなんですよ。そしていつ何時も高いレベルの治療を受けられる面からすれば、日本は医療に関しての総合面から見るとトップクラスだと思います。 どんなに医療を受けても…

医療と金①

医療はサービス業です。 慈善事業やボランティアでなないので、『治療』というサービスを受けたら、その対価を支払わなければいけません。 しかし、そのサービスを受けて、何度も何度もその対価となる『治療費』を請求しても支払わない方は結構多いのです。 …

暴力沙汰ニュースに思う

昨日の新聞でこんな記事が載っていました。 介護施設で職員が利用者に暴力をふるった、とのこと。 一般の方は 『患者という弱い存在をいじめやがって。ひどいやつだ。こんな施設潰してしまえ。』 と思う方は多いかもしれません。 私はこう言った暴力沙汰の記…

ブラックジャックの中で好きなシーン③

さらに続きです。 放送部のアイドル的な女性がある時、声がでなくなってしまい、ブラックジャックの診察を受けたところ声帯ポリープでした。ブラックジャックに手術を受け、しばらくの間声を出してはいけないと指導をうけていたのですが、その約束を破ってし…

ブラックジャックの中で好きなシーン②

前回の続き このシーンはブラックジャックがメスを研いでもらうために刀の研ぎ師を訪れたとき、その研ぎ師の心臓が停止。ブラックジャックが開胸してなんとか命を救おうとしたけど、結局ダメでその研ぎ師は亡くなりました。 研ぎ師の部屋には研ぎ師が自分の…

ブラックジャックの中で好きなシーン①

医者を主人公とする漫画の先駆けであり、最高傑作の漫画『ブラックジャック』 おそらく医者ものの漫画で今後、これを超える漫画は出てこないでしょう。 この漫画を読んで医者になろうと考えた方はたくさんいると思います。それだけ一つ一つの描写にインパク…

『がたがた言わねーで、医者は病気を治せばいいんだよ。』

数年前、ある患者から言われたある言葉をきっかけに私の考え方に変化が起こりました。 その患者は糖尿病コントロールが非常に悪く、若いのに透析をしていて、足も腐りかけていて切断寸前でした。それでも好きなものを食べ続けるは、タバコは吸い続けるは、働…

高血圧症、糖尿病、脂質異常症は治すものなのか?

今日、久々にタクシーに乗りました。15分くらいだったけど、よくしゃべるおじさんでした。私が医者であるとは知らずにおじさんは自分の体のことを話し始めました。 『俺は若い頃には毎日のように浴びるように飲み、タバコを1日に50本くらい吸ってたな。食べ…

膝関節痛は99%完治するか?

世の中には『極論本』がたくさんありますね。 やはり本のネーミングが重要で、これだけ言い切っていれば、いわゆる『考えない方』『依存傾向の方』や『情報弱者』は飛びつくんだろうなと思います。 まず『治る』という概念をどうとるか?が問題です。 病気や…

3月18日に思うこと

昨日書こうと思ったのですが、疲れすぎて寝てしまいました。 3月18日がくるとなんとなく引き締まる思いがするのです。 29年前の3月18日、大学医学部の合格通知をいただきました。 当時、共通一次試験(今のセンター試験)で予想以上の悪い点で某予備校の合格…

本当に幸せなことって?

医者という商売をしていると『あたりまえ』と思われることが本当に『ありがたい』ことのように思います。 苦しくなく呼吸ができること 目の前の美しい風景を見られること ごはんとお味噌汁を食べられること 歩けること そして、おしっこやうんちがちゃんと出…

若い人の脳卒中増加に関して

ここ数年若い人、とくに40代くらいの脳梗塞や脳出血の患者さんが増えている印象があります。 うちの病院に『社会復帰目的のリハビリテーション目的』で入院してくる患者は5年前に比べると1.5倍くらいになっています。 脳卒中は脳の血管が詰まるタイプの脳梗…

ワクチンの是非 ワクチンは悪なのか?

ワクチン いわゆる重大な感染症にかからないため、病原体から得られた無毒化もしくは弱毒化した抗原を注射して、体内でその病原体に対する抗体をつくる仕組みです。 病原体の抗体を体内で作るので、その病原体が体内に侵入してきたときに重症にならないよう…

『生活に困ったら生活保護になればいいや!』でいいの?

某病院で久しぶりにある若いの脳出血後の患者が外来に来ました。 要件は『身体障害者手帳の診断書を書いてくれと。』 動きが悪くなり、作業効率も悪くなったので会社のほうで、障害者枠での雇用でしか雇用できないと言われたとのこと。 そもそもこの患者、と…

医療否定記事に思う

週刊現代や週刊ポストなどはこれでもか!と言うくらい医療否定記事をトップにもってくる。 たぶんこういった類の記事はセンセーショナルであり、こういった記事を扱ったほうが売れ行きもいいんだろうなと思います。 今や出版不況。嘘を書いてでも自分の仕事…

猫の手(^ω^)

今日、所用で実家に行ってきました(^^) 実家には3歳になる猫のみーちゃんがいて、観察することが習慣になっています。 今日はみーちゃんはよく寝ていました。 みーちゃんの手を見ながらふと昔のことを思い出しました。 医者になって1年目。 昔も今と変わらず…

ロキソニンいじめ?

最近、医療否定本がたくさん出され、その中に 『ロキソニンは重大な副作用がでるから、絶対飲んではいけない!』 なんて発言がちらほら見られます。 ロキソニンってご存知でしょうか? 超メジャーな消炎鎮痛薬です。今は『ロキソニンS』が第1類医薬品として…

震災に思う

2011年3月11日14時46分 千年に一度と言われるくらいの未曾有の大震災が東北の広いエリアを襲いました。 あるエリアでは津波で多くの命、建物、インフラを失い、あるエリアでは原発事故で人が住めないエリアになってしまいました。 あれから6年。長かったよう…

介護に関して思うこと

日本の高齢者人口(65歳以上の人口)は平成27年で3384万人、総人口の26.7%を占め、まさに超高齢社会の中にいます。そして80歳以上の人口は1000万人を超え、総人口に占める割合は7.9%だそうです。 10年以内には高齢者人口は総人口の30%を超え、そして80歳以上…

祝・ブログ開設1ヶ月

早いものでこのブログを開設して1ヶ月になりました。おかげさまでコンスタントに読んでくれる方がいらっしゃり、それなりにアクセスしていただいていることを感謝しています。 もともと医療ネタは私のfacebookに頻繁に書いていて、それなりのお褒めのお言葉…

口の中は全身を診る上での本物の『入口』である

私は普段、脳卒中や骨折による後遺症を来した患者さんを診ることが多く、このような方々がこれからどのように暮らし、どのように生きていくかをお互いに考えていく、そのためのお手伝いをする仕事をしています。 脳卒中や骨折の患者さんを診ていて思うこと。…