読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リハドクターKのたわごと

医学医療への雑感を書き記します

『あとはリハビリ次第です。』

急性期の病院から転院してくる患者さんはこう言われてリハビリテーション専門病院にやってくる。

 

 どう考えても今後歩けそうもない患者さんに『リハビリをすれば歩けるようになりますよ。』と無責任に言われてリハビリ病院に来る患者さんもいる。

 

 

 『あとはリハビリ次第です』

 

 

 今や急性期病院は在院日数短縮の宿命が激しいため1日でも早く退院させたいので、患者さんとその家族に早めのリハビリテーション病院転院を促しています。その気持ちは痛いほどわかります。そうしないと今や急性期病院は維持できません。

 

 

 リハビリテーションを受け持つ医者が依頼先の医者に求めることは、詳しい予後予測でなく、『この患者さんはこうなる可能性があるから、積極的に動かしてくれる環境で治療してもらいたい』という患者さんに対する愛情である。こういった熱意とか愛情を示してくれれば、こちらもやる気は出るが、こういった愛情のある医者は確実に減った。

 

 

 

 急性期治療が終わればおしまい、あとは転院先を探す。それが今の急性期医療の現状。本当にこれでいいんだろうか?若い医者がこういった流れ作業的治療に終始していて、患者さんに愛情を持てるのか?甚だ疑問であり、悲しい現状である。