読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リハドクターKのたわごと

医学医療への雑感を書き記します

私が医者になろうとした理由 パート3

  • ●県についた頃、熱は37.9度くらいまで下がっていた。少し体も楽にはなっていた。だけど頭はぼ~としていた。

 

 

 

 

ホテルに入り、近くのレストランで食事を済ませた後、速攻で寝た。勉強なんぞしてる余裕すらなかった。

 

 

 

 

 

 

 

次の日、、

 

 

 

 

朝6時に起きた。熱は37.1度まで下がったが、とにかく頭がぼ~としていた。

 

 

 

受験会場に入った。しかし、頭はぼ~として周りを見てる余裕もない。しかも、緊張すらしてない。当時思っていたことは、

 

 

 

『早く終わんないかな』

 

 

 

という思いだった。

 

 

 

 

試験は2日間であったが体調は悪かった。頭はぼ~としていて、試験の内容はほとんど覚えていない。目前に現れた問題を何となく解いていたことしか記憶になかったりする。そういえば、試験の終わりごろに外で雷が鳴っていたことだけは覚えている。

 

 

 

 

これじゃあ、受かるわけないよな、と思い、受験結果を知らせる『電報サービス』は頼まなかった。

 

 

 

 

 

数日後、第1志望大学の受験結果を実際に見に行った。

 

『もしかしたら』という思いあ多少あったからだ。

 

 

 

しかし、、、、、、私の受験番号はなかった。 

 

無謀と思っていてもやはり少しショックであった。

 

 

 

第2志望はもっと無理だよなと思い、『予備校どこにしようかな?』と来年のことを考え、パンフレットを見ていた。

 

 

 

 

第2志望校の合格発表は新聞で確認しようと思い、合格発表日の次の日の新聞を待っていた。

 

『ま、どうせ受かってないだろうけど。』とやや卑屈な思いで新聞を待っていた。

 

 

 

『どれどれ、、、、、えっ!!おれの名前が載っている!!!』

 

 

 

 

自分も驚いたが、両親は唖然とした顔をしていた。

 

 

 

学校の先生から電話があり『めちゃくちゃ奇跡だね』と励まし(?)の言葉をもらった。

 

 

 

体調万全でうけた試験には落ち(もともと無謀ではあったが)、体調最悪で受けた試験には合格。

 

 

 

 

人生とはわからないものである。

 

 

 

 

なにはともあれ医者の一歩を踏み出した。