読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リハドクターKのたわごと

医学医療への雑感を書き記します

高血圧症、糖尿病、脂質異常症は治すものなのか?

 

今日、久々にタクシーに乗りました。15分くらいだったけど、よくしゃべるおじさんでした。私が医者であるとは知らずにおじさんは自分の体のことを話し始めました。

 

『俺は若い頃には毎日のように浴びるように飲み、タバコを1日に50本くらい吸ってたな。食べるものも不規則でラーメンとか脂っこいものを食べ続けてたんだよ。5年前くらいに検診で糖尿病と高血圧症と脂質異常症って言われたけど、不規則な生活を続けてたらさ、2年前に脳梗塞になって左半身が一時、動かなくなっちゃったんだよ。すぐに病院に行って脳梗塞だっていわれてさ。カテーテル治療ですぐに左半身が動くようになって助かったよ。それ以来、8種類薬飲んでるよ。お客さんもさ、若いからって暴飲暴食して、高血圧症とか糖尿病とかほっとくととんでもないことになるから気をつけたほうがいいよ。』

 

とおじさんからありがたい講話を受けてしまいました。

 

先天的な病気が原因で高血圧症や糖尿病や脂質異常症になるケースは多々ありますが、これら3つの生活習慣病は主にひどい食生活、ひどい生活態度からおこることがほとんどです。

 

高血圧症の場合、『血圧をコントロールする薬』はありますが、完治させる薬はありません。

 

糖尿病の場合、『血糖をコントロールする薬』はありますが、完治させる薬はありません。

 

脂質異常症の場合、『LDLをコントロールする薬』はありますが、完治させる薬はありません。

 

一度これらの病気にかかると、よほどのことがない限り、一生に近いくらい薬を飲み続けなければいけません。

 

薬を飲み続けたくなければ、やはり若いうちからの生活の見直しが必要です。これらの3つの生活習慣病は症状はでませんが、症状が出た頃には脳梗塞による半身麻痺、腎臓をやられて週3回1回あたり4時間の透析、心筋梗塞による急死なんてこともあります。

 

ところで、タクシーのおっちゃん、糖尿病の影響で目が見にくいなんて言ってたな。大丈夫かなぁ、タクシーのうんちゃんしていて。

 

新潟名物のへぎそば。卵とトロロをつけると最強にヘルシーっぽい。

 

f:id:bluerevolution3:20170320160220j:image