読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リハドクターKのたわごと

医学医療への雑感を書き記します

くわばたりえ発言に思う

5月8日のテレビ番組『好きか嫌いか言う時間』と言う番組で『くわばたりえ』と言うお笑い芸人?が発した言葉が炎上しているらしいです。

 

この時のテーマは『病院の言い分VS患者のクレーム』と言うものだったらしく、以下のようなやりとりがあったようです。

 

医者『医者と患者さんの契約は必ずよくすると言うものではない。最善をつくして診療にあたるというのが契約。』

 

くわばた『100%なおせるものではない、と病院がそれを言ったらアカンちゃうんかいな。』

 

医者『病気に絶対に誰でも治せるものなんてないんです。』

 

坂上忍『それは当たり前だと思うよ。』

 

くわばた『(絶対は)ないかもしれないけど、一生懸命頑張ります、みたいな、、、』

と、くわばたりえさんは医者に『誠意』を求めたとのこと。

 

医者『100%尽くします、は言えます。100%治す、結果を問われると、これは無理ですよ。』

 

 

このようなやりとりがあったようです。

 

医療をやったことのある人であるならば、100%元どおりに戻すということは本当に難しいことであることがわかります。ましては予想がつかないことだらけ、そして予想外なことが起こるのが人間の体なので、100%元に戻すということが『治す』と言うことであれば、医者ができることはごくわずかなことにすぎないと思います。

 

人間、思いもよらない怪我や病気になることがあります。前のように完全に良くなる方もいれば、なかなか症状が改善されない方もいます。

 

できるところがあれば医者はまず自分でできるところまで最善を尽くし、自分だけの力では無理と判断した場合は他の専門家に紹介します。第一人者と呼ばれる方であっても100%良くすることはできないパターンは数多くあります。極端な例をあげれば癌の末期、重症な脳障害、、、。

 

そのような状態になってしまった場合、その状態をみながらどうサポート、ケアしていくことこそ必要なことのような気がします。

 

『ガタガタ言わねーで医者は治せばいいんだよ。』と言われたことがありますが、治るものがあれば、治らないものもある。まともな医者であればそのことを痛いほどよくわかっています。

 

難治性の病気で『100%治せる』と断言している医者がいたら、それはあなたの財産を奪い取る悪徳な医者と思ったほうがいいかもしれません。

 

しかし、くわばたえりさんの顔を見ると、なんとなく性格がわかるような気がします。少なくとも近寄りたくないなぁと思うし、診察とかしたくないなぁとふと思います。

 

f:id:bluerevolution3:20170511131024j:image