読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リハドクターKのたわごと

医学医療への雑感を書き記します

『お任せします』

 

患者さんやその家族に病状の説明し、治療のメリットとデメリットをお話しした後に、患者さんやその家族にどういった選択をしますか?と尋ねると、

 

『よくわからないので、先生にお任せします。』

 

という答えが多いです。

 

『わからないことがあったら何でも言ってください。わかるように何度も話しますから。』

 

と言っても、

 

『何がわからないかわからないから、お任せします。』

 

と返ってきます。

 

 

多くの方は医療は間違いがないと考えていますが、医療ほど不確実なことはありません。かなりの確率で大丈夫だと思っても予想外の結果になることも少なくないのです。

 

実際、私もある薬を使って数万分の1の副作用に患者さんが陥って危険な状態になったこともあるので説明は丁寧にします。

 

 

車や家、貴金属など高い買い物をするときには突発的に買う方は少ないはずです。よく考えて買うはずです。そして購入する際にはお店の人にたくさん質問するはずです。

 

自分や家族の体や心は何よりも『高いモノ』のはず。もっともっと自分の体に興味を持ち、医者に過依存しないようにして欲しいと思います。

 

『医学は難しい』という方も多いかもしれません。だけど一つ一つ噛み砕いていけば決してそんなことはありません。いろんな大切なことを思い起こしてくれると思います。

 

 『お任せします』がなければ、自分の体に興味を持ち、病気も減って、医者も暇になり、国民総医療費も減って素晴らしいと思います。私も医者で収入は減るかもしれませんが、そういった社会になる方がよほど嬉しいです。