読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リハドクターKのたわごと

医学医療への雑感を書き記します

ワクチンの是非 ワクチンは悪なのか?

ワクチン

 

いわゆる重大な感染症にかからないため、病原体から得られた無毒化もしくは弱毒化した抗原を注射して、体内でその病原体に対する抗体をつくる仕組みです。

 

病原体の抗体を体内で作るので、その病原体が体内に侵入してきたときに重症にならないように闘って命を守ってくれます。

 

生ワクチンと不活化ワクチンと大きく分けて2つありますが、今回はこの辺のことは省きたいと思います。

 

BCGとかポリオワクチンとか麻疹や風疹、インフルエンザワクチン、肺炎球菌ワクチン、B型肝炎ワクチンなど聞いたことはあるでしょう。そのような重症な感染症にかかることを未然に防ぐためにこのようなワクチンは存在します。

 

最近、『ワクチンは超危険だから打つな‼︎』という記事が雑誌やインターネットに氾濫しています。

 

MMRワクチン(麻疹、おたふく、風疹の3種混合ワクチン)を打つと自閉症になるとか、インフルエンザワクチンを打つとギランバレー症候群になるとか、、、

 

さらに追い討ちをかけたのが、子宮頚がんの発生原因と言われるヒトパピローマウイルスに対するワクチンで失神や痺れ、記憶障害などの副作用がでた症例がセンセーショナルに発表されたことです。

 

前にも書いたと思いますが、ワクチンも薬です。薬なので著効することもあれば、何かしらの副作用をきたすこともあります。

 

ただみなさんに考えていただきたいのは、ワクチンを打ったことによる副作用が起こる可能性とワクチンを打たないことによって罹患するかもしれない可能性はどちらが高いでしょうか?

 

そして報道する側として、ワクチンの副作用でこんなひどい目にあったという報道とワクチンを打たないで病気で大変な目にあったという報道はどちらがインパクトがあるでしょうか?

 

ワクチンを打つか打たないかはいろんな情報を見て決めていただければと考えます。ただただ一面のセンセーショナルな記事だけみて決めることは考えたほうがいいです。

 

これも前に言いましたが、医療ほどそして人間の体ほど不確実なものはありません。メリットとデメリットをしっかり理解した上で決めてください。人任せではいけません。

 

 

私の同級生が子供のおたふく風邪後の後遺症の一つ『難聴』の治療のために闘っています。ただ治療としては難しいのです。それならばおたふく風邪に前もって罹患しないことが一番と考え、ワクチン接種を普及させようと頑張っています。私は心から同級生の運動を応援していきたいと考えています。

 

f:id:bluerevolution3:20170315183913j:image