読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リハドクターKのたわごと

医学医療への雑感を書き記します

体のメインテナンスはやはり必要だと思います^ ^

4月の初旬、勤務先で定期検診が義務付けられているため、本日ドッグに行ってきました。

 

f:id:bluerevolution3:20170404175659j:image

 

f:id:bluerevolution3:20170404175711j:image

 

いろんなコースがありますが、私は半日のコース。血液検査、レントゲン検査、エコー検査、視力や聴力検査、呼吸機能検査、そして胃の内視鏡検査などを行います。

 

1年1回毎年やっていると、いろいろな体の変化がわかります。

 

体重が増えたなぁ、、、

視力が落ちたなぁ、、、

コレステロール値が上がったなぁ、、、

 

とか。

 

場合によってはエコーなどでなんだか病変が見つかったりしたりして、外科の先生から手術の適応などを聞けたりします。

 

人間は不死身ではありません。年を取ればガタがきます。これはある意味で電化製品や車と一緒。特に車などに関しては事前に異常を発見しておかなくては重大な事故になりかねないので、定期メインテナンスに出したり車検があったりするわけです。

 

人間だってずっとほおっておいたら、いつの間にか大きな病気に侵されて、再起不能な状態に陥るかもしれません。だからやはり1年に1回は自分の体を見直すことは必要だと思います。

 

自分の体を客観的にみることにより、1年をどう過ごそうかを確認するという意味でも定期検診は重要です。

 

視力が落ちた。もしかしたらパソコンやスマホの見過ぎかも?

 

γ-GTPがあがってる。もしかしたら酒飲みすぎかも?

 

中性脂肪HbA1cがあがってる。もしかしたら甘いものの食べ過ぎかも。

 

とか少し反省しながら生活を変えていくことにより健康や若さを保てるような気がします。

 

 

前にも何度も書いていますが、大きな病気になってしまうと思っている以上に治らないことが多いのです。それならば少しでも重症化しないように気をつけた方が安上がりだと思うのです。

 

 

人間ドッグ医療機関が病気を見つけ、そしてそれを治療するための金儲けのツールだと言う方もいます。人間ドッグをやったからと言って大きな病気にならないと言う保証はありません。だけど『その可能性を低くする』ものだと考えればいいのではないか?と思うのです。

 

 

さてさて今回も胃の内視鏡をしました。私は鼻の通りが悪いので、口からの内視鏡なのですが、相変わらず苦しかったです。だけどこの検査の患者さんの苦しみは誰よりもわかります。そしてその苦しさを和らげるために内視鏡な看護師さんが検査中に背中をさすってくれるあの優しさはなんとも言えないものがあります。

 

f:id:bluerevolution3:20170404182210j:image

 

f:id:bluerevolution3:20170404182219j:image