読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リハドクターKのたわごと

医学医療への雑感を書き記します

いいリハビリテーション病院って?

最近までたくさんのリハビリテーション目的の患者さんを紹介してくれた病院からぱったりと患者さんの紹介がとまった。

 

『先生の病院は丁寧にリハビリテーションをしてくれて、患者さんの満足度も高いし、我々もご紹介したい病院なのですが、転院するまでの待ち日数が長いんですよ。我々としては在院日数の関係からすぐにでも転院可能な病院を選択せざる負えないんです。』

 

と言われました。以前もお話したように急性期病院では1日でも在院日数を短くしたいし、実際そうしないと成り立たないことはよくわかっています。

 

いまやいかに『1日でも早く転院できる病院』こそが医療界ではいい病院なのである。でもね、そういった病院ってたいした哲学がなくやっているところが多いんですよ。

 

とにかく病床を満床にして収益をあげたい

なるべく長くいさせて稼働率をあげたい

リハビリテーションは訓練士に丸投げ

 

とか。

 

私はなるべく『質』を維持したいので、譲れないところは譲るつもりはありません。一旦この『質』を下げると取り返しがつかないことになります。悪貨は良貨を駆逐してきます。

 

丁寧にかつ良質な『リハビリテーション』を提供していきたいと思うし、『あそこでリハビリテーションを受けたいので他の病院は行きたくないです。』と言ってもらえ続ける病院を維持して行きたいと思います。